2006年09月26日

Dr可児/ザクセンハウゼン収容所inドイツ

可児和夫先生は 旧東ベルリン郊外にあった 旧ソ連管理下の収容所に 1945年から50年まで 4年半も拘留された 日本人医師。
Dr可児は東京帝大で 独法を学んだ後 九州医専で医学を修め 36年に ドイツに留学。まもなく 第2次大戦が 始まり 帰国を断念、そのうち 収容所に 拘留され 「絶望」収容所にあって 「微笑む仏陀」のあだ名で 呼ばれていた。
日経新聞 1995年12月8日 文化欄から引用。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。