2008年12月15日

カーブルにアフガニスタン最初の音楽学校

カーブルがタリバンに支配されていた時、タクシー運転手は
常に二つのカセットテープを車に用意していた。一つは
宗教的音楽のテープで 検問所を通る時のためのもので、
もう一つは検問所を抜けた後に聞くポップ音楽だった。
2001年のアメリカ軍の侵攻の後、タリバンの影響は
減ったが 文化活動の停滞は続く。
Ahmad Sarmastはカーブルに音楽学校を作りたかった。
彼の父は作曲家で オーケストラのための作曲をした
最初のアフガニスタン人だった。Ahmadはアフガニスタン最初の
音楽博士だ。彼はインド、中央アジア、アフガニスタンの音楽を
メルボルンで研究した。
アフガニスタン教育省は彼の助言に従い 音楽学校
開設計画を彼に任せた。
彼は音楽学校設立資金を寄付してほしいと、
世界中の組織に依頼状を書いた。
世界銀行は2500万ドルの出資を約束した。
ドイツの楽譜販売業者協会SOMMは 必要な楽器を
集め、カーブルに送ることにした。
この学校では300人の子どもが学ぶ。定員の半分は
孤児に割り当てる。
伝統的なアフガニスタン音楽のほかに西欧のクラシック
やジャズ、ポップも教える。
ドイツからの最初の輸送は おそらくドイツ軍の
飛行機でクリスマスイブにアフガニスタンに届けられる。
西洋音楽の教師を見つけるのは 極めてむつかしい。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/2008/50/WOS-Afghanistan



この記事へのコメント
私の友人がこのDr Sarmastの苦労と信念の賜物の音楽学校について、ドキュメンタリーを作りました。私も少しでも力になれればと思います。
最近もタリバンが音楽をかけてダンスパーティーをしていた人達を惨殺しましたね。友人も撮影のために5年間何度もアフガニスタンとオーストラリアを行き来しましたが、白人女性は特に一人で通りを歩けないのだそうです。
まだまだ音楽が自由に出来る様になるまでは遠い道のりになると思いますが、若い生徒たちがあきらめないで音楽を続けていけば、未来は開けるはず。
記事をシェアして下さって有難うございました。
Posted by ふぅみん at 2012年10月03日 19:39
ふぅみん様
わざわざコメント有難うございます。
カキコミしてから 4年たちました。Dr.Samastのご健在を
お祈りいたします。
Posted by jtwjtw at 2012年10月06日 04:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。