2010年11月30日

ドイツの最上席・掃除婦は高賃金を求めて闘う

掃除婦 Susanne Neumannは 景気が上向いて
いるのに なぜ掃除婦には良いことは無いのか
という問題を提議する。
賃金は この数年、上がっているとはいえ、
租税公課は増えている。雇用主も従業員も
増えている。
失業者数は 18年来の最低になっている。
下記サイトから:
http://www.welt.de/fernsehen/article11185471/Deutschlands-oberste-Putzfrau-kaempft-um-hohe-Loehne.html
  


Posted by jtw at 15:41Comments(0)

2010年11月29日

サウジの王女のアパートで110キロのコカイン押収inパリ

11月27日に警察が無人のアパートに踏み込み、
闇市場で700万ユーロ近い値段になるコカインを
見つけた。
アパートの所有者は コカインの存在について
何も知らなかった。このアパートは改装中であり、
部屋に入った職人の中に共犯者がいると 
警察は推測している。
コカインは中南米から空輸されている。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/kilo-kokain-in-paris-entdeckt-drogen-in-der-wohnung-einer-prinzessin-1.1029295  


Posted by jtw at 18:52Comments(0)

2010年11月28日

鳥はなぜ渡るか

冬が近づくと、ドイツでは ツルやコウノトリは
南へ旅立つ。(日本のコウノトリは渡らない)
南に居続ければ 居心地が良いのに、なぜ北へ
渡るのか?
渡り鳥の越冬地には 一年中、住み着いている鳥も
多い。だから渡り鳥は 越冬地で 留鳥を相手に
競争しなければ ならない。
そして 越冬地は 欧州と違い、高温で乾燥している。
欧州の夏は 餌と営巣地が多い。
欧州の鳥のうち、200種は渡り鳥だ。たとえば 
キレンジャクは 夏をスカンジナビアやシベリア
で過ごし、冬に欧州に戻る。
しかし 種によっては 渡る鳥と渡らない鳥がいる。
ホシムクドリの中には 冬でも南に渡らないのも
ある。餌と居心地の良い場所が 見つかれば 
欧州の大都会に留まる ホシムクドリもいる。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/schulspiegel/wissen/0,1518,725966,00.html
  


Posted by jtw at 19:54Comments(0)

2010年11月28日

麻薬戦争に戦車出動inリオデジャネイロ

2010年11月26日発:
リオの貧困地区に砦を構える 麻薬組織に対して 
ブラジルの警察は機関銃を装備した戦車を出動させた。
11月からの麻薬戦争による死者は30人以上に上る。
軍隊は 800人以上の兵士と2機のヘリコプター、
10台の戦車を出して 警察を支援した。
戦闘によって もっとも苦難を強いられるのは 
スラムの住民である。
下記サイトから:
http://www.faz.net/s/Rub77CAECAE94D7431F9EACD163751D4CFD/Doc~E9CF4F2864ABF449AB459D40A49A35934~ATpl~Ecommon~Sspezial.html
  


Posted by jtw at 08:50Comments(0)

2010年11月26日

保育士は給料、安くストレス多いinドイツ

託児所(保育所)拡充には保育士を数万人、増員しないと
いけないのに、この仕事は辛く、給料は少ない。
市町村は当惑している。なぜなら 2013年までに 
幼児は 世話してくれる場所をもつ権利を主張できる
からだ。
3歳以下の子どもの35%は 託児所/保育所を利用
できるようにするというのが 政府の目標である。
全国で75万人の子どもを受け入れることになる。この
子たちを世話する保育士/幼稚園教諭(に当たる
ドイツの資格をもつ人)は4万人、足りない。

保育士の手取り給料は224ユーロであり(週給?)、
すべての職業の中で平均以下である。
21歳から59歳まで 常勤で働いた保育士で、平均 
手取り2500ユーロだった人の 受け取る年金は 
900ユーロにならない。

保育士の50%しか 常勤でない。新規就労者は 
期間限定で働く。
新規就労者の約20%は 手取り786ユーロ以下である。
保育士のうち男性は 3.4%。
これらの状況をもたらした原因は 無料の優れた
再教育(研修)を受ける機会がないこと、この
職業に威信が無いことである。
早期幼児教育の専門教育の受けた人の2/3だけが 
保育所で働く。離職の傾向は 年齢と共に増える。

保育士 Anja(43歳)は 67歳まで働けると思って
いない。彼女は今まで13年間、公立の保育所で
働いてきた。肉体的、精神的負担が大きすぎると
彼女は言う。教育を受けて 就労する保育士は 
1年間の契約で働く。Anjaにとって 一番つらい
のは 保育士の仕事を社会が認めてくれないことだ。
「一日こどもと遊んでいるんでしょう」と言われる。
Anjaは 自分の二人の子どもに、保育士になるのは 
止めておけと言った。
しかし 辛い仕事では あっても、子どもと一緒に
いる喜びを 保育所が奪っている訳ではない。その
証拠に 保育士や幼稚園教諭は 職業を持つ他の
女性と比べて 生む子どもの数は 多い。
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article11177590/Viel-Stress-fuer-wenig-Geld-Albtraumjob-Erzieherin.html


  


Posted by jtw at 18:36Comments(0)

2010年11月25日

和本リテラシーの回復を願って

中野三敏 著、月刊「図書」2010年10月号
32~34p.
から 抜粋:
本文は 雑誌を買って 読んでください。

和本リテラシーとは 平たく言えば 変体がなと
草書体漢字、いわゆる「くずし字」の読解能力を言う。
明治以前はまさにそれしかなかった文字表現であり、
我々の父親世代(明治生まれ)までの知識人は、
なお辛うじて持ち続けていたに違いない能力である。
では平成の現時点では如何か。語学・文学・歴史の
分野で江戸以前を専攻する研究者、及びその卵を
基盤として、おそらく三千人、その他多く見積っても
五千人には届くまい。総人口の0.00004%という
ことになる。

 一方、我国の知識人で古典を不必要と言い切れる
人はおそらくあるまい。

 では、明治以前に出来た和本の総点数はどれほど
あるものか。一つの手懸りであるが、有名な
『国書総目録』全ハ巻の収録点数は約五十万点と言う。
加えるに、『国書』未収録の和本はやはり五十万点は
あろう。合せて百万点を超すというのが妥当な数では
なかろうか。その内容は およそ人智のあらん
限りのものが書物化されていよう。

 さて、その中のどれほどが活字化されているの
だろうか。それは文芸作品から生活文化のあらゆる
領域に至るまでを見積っても、とても一万点を
越すとは思われない。
とすれば、活字化されたものは総数のわずか1%にも
満たぬことになる。

 近代を成熟させるための確かな素材としての
和本にようやく気づいた現在、我々の中の0.00004%
しか読む能力を持たず、通常の知識人は僅々一%の
量で 古典と接せざるを得ないという、何とも
皮肉な結果を迎えてしまっているのである。

そもそも古典を活字化することは、いわば翻訳を
読むに過ぎないし、あとの九十九万点の活字化には
おそらく膨大な時間を要するのは必至である。
ここは手っ取り早く和本リテラシーを回復させれば
事は至って簡単、しかも たかだか半世紀前までは
確かに存在していた能力であれば、回復させるのは、
適当なツールとその意志さえ持続できれば 案外
たやすいことなのではなかろうか。せめて
小学生の時に手短かな手ほどきさえしておけば、
大学生になった時に思い出すのは簡単であろう。

 現在の文化を成熟させるには、何はともあれ
過去を現在から連続的に振り返る術を持たねば
ならぬ。しかるに現在の日本の知識人の大半は、
その術をいとも簡単にふり捨てて、しかもその事の
重大さにほとんど気がついていないのではないか。

 小学生といえば、十八世紀の独立宣言を読めない
アメリカの小学生はおそらくいないはずである。
翻って我国の大人で、明治四年の福沢の
『学問のすゝめ』を活字本に 頼らずに読める人が、
0.00004四%という現状は、何としても是正される
べき事柄ではないだろうか。
 
 むろん、外国語は空間軸における他者と接する、
何よりのツールであることは十二分に承知して
いるのだが、一方で時間軸における我々の先達と
接する、極めて簡便なツールとしての和本リテラシー
の意義は、どれほど強調してもしすぎることは
ないと信ずるからでもある。              
      (なかのみつとし・近世文学)

★ブログ管理人の蛇足:
明治生まれで 大正の時代に(今の)高校にあたる
学校で勉強した 母とその姉たちは 和本や屏風に
書かれている字を読むことができた。
息子の私は 和本リテラシーを持たない。今さら
習っても遅い。まことに残念です。


  


Posted by jtw at 15:24Comments(0)

2010年11月25日

「変態打倒!」と叫び同性愛者を攻撃

ロシアで初めての「公認」同性愛者パレードが
行われた。それを反デモ隊が攻撃した。
サンクトペテルブルク(昔の名前はレニングラード)で
10人ほどの同性愛者が「本当の寛容を」「人権のために」
などと書いたプラカードを掲げてパレードした。
これを約30人の反デモ隊が罵り、卵を投げつけた。
警察は 同性愛者を守った。
パレードが認可されたことは 同性愛者にとって、
ロシアの民主主義にとって、一歩進んだことになると 
パレードの世話人Maria Jefremenkowa は述べた。
下記サイトから:
http://www.russland.ru/mainmore.php?tpl=Sankt+Petersburg&iditem=527  


Posted by jtw at 14:35Comments(0)

2010年11月24日

オランダは外国人への大麻販売を禁止する意向

保守派 新政府は マリフアナを 登録済みの
自国民にだけ販売する意向だ。
マリフアナは オランダでも違法だが、特定の
コーヒーショップで売られている。
新政府は コーヒーショップの利用を 登録した
会員だけに制限する意向だ。
将来、外国人がマリフアナを買えなくなるとしたら、
観光客にとっての魅力が 減るのではないかと 
アムステルダムは心配している。アムステルダム
市役所は 政府の方針に反対する考えである。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/politik/kein-dope-fuer-auslaender-niederlande-schraenkt-drogenabgabe-ein-1.1025765
  


Posted by jtw at 17:19Comments(0)

2010年11月23日

池内紀、「ことばの哲学」青土社、1800円

ドイツ文学者 いけうち おさむ先生が書かれた 
関口存男先生についての評伝。
せきぐち つぎお先生(1894~1958年)は 古今の
ドイツ語をはじめ、中国語、ラテン語、ギリシャ語、
サンスクリット語など いくつもの言語に通じた
鬼才だった。
関口先生の研究の集大成は「冠詞」であり、全3巻 
2300ページを超える著作だ。
池内先生は この「冠詞」に魅了された。語学の
問題を超えて、哲学の領域にまで踏み入った
著作だった。
関口先生の遺品をきれいに整理して保存していた
亡き長男はじめ御遺族の思いにも 心を打たれた。
以上 日本経済新聞 2010年11月21日の書評から抜粋。

長男さんは 慶応大学の教授だった関口一郎先生。  


Posted by jtw at 18:15Comments(0)

2010年11月22日

パリス・ヒルトン薬物乱用で落書き消し労働

下記サイトに写真6枚:
http://www.stern.de/lifestyle/leute/strafarbeit-wegen-drogen-paris-hilton-macht-sich-dreckig-1626257.html

写真1:ハイヒールと高価なレギンスをはいて、
億万長者の相続人パリスは 落書きの上にペンキを
塗る作業を罰としていている。
2. 「ハリウッド美化チーム」と言う市の担当課と
一緒に パリスは落書きを消すのだが、
3. こういう作業に 当然のことながら慣れていない
から 手がちょっと汚れても気になって
4. 髪の毛にペンキがついても ドキリとして
5. ハイヒールも汚れる。
6. しかし作業は終った。パリスは薬物をしたため
合計200時間「社会的労働」をするという判決を 
数週間前に受けた。だから ハリウッドでは こう
いう風変わりな作業が 当分の間、見られる。

★ブログ管理人の蛇足:
薬物依存症者が 落書き消しの作業だけで 回復する
もので なさそうだから、他にも 回復支援プロ
グラムがあって パリスさんは それも受けている
に違いない。  


Posted by jtw at 09:01Comments(0)

2010年11月20日

映画『歩いても 歩いても』是枝裕和監督、2008年制作

下記ドイツのメディアに この映画 Still walking
という題で 紹介されていました。
空間的には 狭い場所に居るにも かかわらず、
魂的にも窮地にあるにも かかわらず、ある家族が 
愛を知覚しようと努力することを この映像は 
示している。
Still walking は 1970年代に流行った歌謡曲
「ブルーライトヨコハマ」の一節。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/kultur/film/2010-11/luecke-luege-liebe

出演: 阿部寛、夏川結衣、 YOU、 樹木希林 ほか。

同監督の公式サイトの「歩いても歩いても」は:
http://www.aruitemo.com/top.html
  


Posted by jtw at 05:52Comments(0)

2010年11月19日

「動物の地獄」。ゴミ屋敷に入れられた犬と鳥inドイツ

下記サイトの動画:
http://www.bild.de/BILD/regional/frankfurt/aktuell/2010/11/17/polizei-raeumt-tier-hoelle/verwahrloste-hunde-und-voegel-aus-muell-haus-gerettet.html

養育放棄された18匹の犬と9羽の鳥が救出された。
化膿した湿疹、噛まれて出血している傷、コブに
なった腫瘍。
「犬の地獄」に 警察、消防、役場の獣医が 
家主で飼い主のUte(60歳)の家に突入した。
家の中は ウンチまみれで 腐敗臭に満ちていた。
犬は 互いに噛みつき、精神的に酷い障害を
負っていた。
「豚小屋でも これほど 汚くない」と捜査員は
言った。
救出されたのは 17匹の Jack Russel-テリヤと
1匹の大型犬と8羽のカナリア、1羽のオウム。
飼い主は「虐待は していない。みんな健康だ」と
言い張っている。実際はそうでない。テリヤは 
小さい猫のカゴに入れられて ウンチとオシッコ
の中で生きていた。カゴは積み上げられていて、
常に暗闇の中に置かれていた。
餌も水もなかった。


  


Posted by jtw at 06:28Comments(0)

2010年11月18日

「ひも自転車」stringbikeハンガリーで開発

ハンガリーでチェーンの無い自転車が作られた。
下記サイトに動画:
http://www.stern.de/auto/service/stringbike-ungar-entwickelt-kettenloses-fahrrad-1623341.html  


Posted by jtw at 13:02Comments(0)

2010年11月17日

テルアビブはゲイの観光客を誘致

イスラエルの首都は 国際的にゲイの拠点の一つ。
観光省は ゲイの観光客を誘致するキャンペーン 
Gay Vibeを始める。約68000ユーロが キャンペーン
に投じられる。
「まずゲイに来てもらえば、他の人も来る」と
いうのが 同国の意向だ。
イスラエルで 同性愛者であることは 何の問題もない。
イスラエルの良いところは 誰も自分の性的志向を
隠さなくてもいいと言うことだ。
今年、テルアビブの「ゲイプライド パレード」
に約12万人が参加した。
1年に3回「ゲイ週末」もある。
同性愛の観光客に テルアビブ・ツアーが提供される。
同性愛者に親切なホテルやクラブも紹介される。
「高層ビルから 石を投げると、俳優か猫か
ゲイに当たる」と言われる程の都会である。
2011年に Gay Vibe キャンペーンは スペイン、
アメリカ、南米でも 行われる。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/reise/Tel-Aviv-lockt-rosa-Touristen-article1909366.html

★日本でも プライドパレードは開催されている
のに、マスコミから無視?されているようです。
(東京では 報道されているのかも知れない)。
ビッグイシュー 2010年7月1日号は「カミイング
アウト」特集。
そこで砂川秀樹さん(文化人類学者で 東京
プライドの代表)はインタビューに答えている。
東京での このパレードは8月に開催される。
砂川さんの共編著書に「カミングアウト・レターズ」
(太郎次郎社エディタス)。
性少数派の祭 「クリストファー通りの日」は 
7月~8月に あちこちの国で祝われる。ドイツの
メディアを そのころに見ると 写真が 
ようさん 出ています。  


Posted by jtw at 17:00Comments(0)

2010年11月15日

犯罪/安全を脅かすもの

犯罪への最高の備えは 教育にもっと金を
かけることだ。
学校を卒業していない人は 仕事を見つけにくく、
病気になりがちで、早く死ぬ。国全体としても 
教育水準が下がると 社会的費用は増え、国の
革新する能力は停滞する。
Bertelsmann財団の 調査によると 教育がうまく
いかないと 犯罪が増える。受けた教育の程度は 
犯罪者になる傾向に影響を与える。
20~50歳の 学校を卒業していない人は 他の
人々の比べ、4倍も刑務所に入ることが多い。
危険の高い生徒は 自分を傷つけ、社会を危険に
さらすと言うことは 統計的に言える。
もし中退率を半減させれば、殺人・強盗・窃盗の
数をかなり減らせる。同時に 社会的費用を
節約できる。
その節約した予算の一部は 特別の教育プログラム
に向けられる。社会の関心を集めている基幹学校
(日本で言う 教育困難高校?)が その利益
を受けるだろう。
人種統合も進むだろう。
上記の調査によると イスラム教を信じること
と犯罪率の間に関係がない。しかし イスラム教徒は 
非イスラム教徒と比べ、犯罪を多くおかしている。
これは イスラム教徒にとって 機会が乏しい
からであろう。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/2010/46/Bildung-Finanzierung  


Posted by jtw at 14:31Comments(0)

2010年11月14日

大麻消費増/新種合成薬物もinドイツ

ドイツでもっとも普及している不法薬物は大麻だ。
初めて援助を求めてくる人の2人に1人は大麻を
している。
不法薬物を使う 18~39歳の人の数は少し増えている。
新しい合成麻薬の危険について専門家は警告している。

去年、18~39歳の10人に1人は 不法薬物を使って
いたとドイツ薬物・薬物依存観察所(DBDD)は
発表した。

18~39歳の人に もっとも普及しているのは
大麻である。2008年に不法麻薬のために死んだ人は 
1331人だった。2008年に比べ、死者は 8%減った。

麻薬消費は特に若い人に広まっている。2009年に 
30歳以下の人の14%が麻薬を使っていた。麻薬を
使う男性は 女性の2倍の数になる。
ドイツではコカインの消費は少ない。
心配なのは 新しい合成麻薬の普及であり、この
新種エクスタシー錠剤は 世界中に死者を生みだす
かもしれない。
筋肉の痙攣発作、心拍の障害、呼吸麻痺、昏睡、
多臓器不全などをこの錠剤は引き起こす。

欧州で治療を受けた麻薬使用者のうち 5人に1人は 
40歳以上である。年配の人は 特別の治療が必要
なので 経費は高くなる。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/panorama/Cannabis-Konsum-bleibt-hoch-article1911791.html
   


Posted by jtw at 20:06Comments(0)

2010年11月13日

煙草の箱にのせる衝撃の警告写真15枚inアメリカ

下記サイトに写真:
http://www.stern.de/gesundheit/ratgeber/zigarettenschachteln-abschreckung-light-fuer-us-raucher-1622901.html

アメリカでは 4500万人の大人と 350万人の青少年が 
煙草を吸う。 1年に 44万人のアメリカ人が 
喫煙で起きる病気で死ぬ。
最近 発表されたショック写真が 多くの人が
喫煙を止めたり 吸い始めるのを止めたり する
のに 役に立つように FDAは望んでいる。
36枚の写真のうちから 選んで、煙草の箱に印刷
することになる。
  


Posted by jtw at 17:31Comments(0)

2010年11月12日

豪華客船メキシコ沖で火災

Carnival Splendor号は 火災を起こし タグボートに
引かれ、事故発生の4日後に カリフォルニアの
サンディエゴの港にたどり着いた。
3300人弱の乗客と 約1200人の乗組員が 乗っていた。
2010年11月7日に 1週間の予定で出航し、その1日後に 
機関室から出火した。負傷者はなかった。
停電になり、台所は麻痺し、トイレも機能しなく
なった。

エアコンは効かないし、湯もでない、温かい食事も
つくれない。
カジノは閉鎖され、 ポンプが動かないから
プールも使えない。
電灯はつかない、小さい非常照明だけが頼りだった。
停電だから 冷蔵庫も台所のレンジも動かない。
サンドイッチや コーンフレークが出された。
ダイエットのための航海のようだった。

麻薬取締に出動していた 米軍空母も救出に向かい 
ヘリコプターが客船に食料を届けた。
下記サイトに 写真あり:
http://www.spiegel.de/reise/aktuell/0,1518,728583,00.html
  


Posted by jtw at 19:40Comments(0)

2010年11月11日

中国・毒入り粉ミルクを告発して親が拘留刑に

2008年に中国で約30万人の子どもがメラミン入り
粉ミルクを飲み腎臓病になった。
被害児の父親 Zao Lianhai に2010年11月10日に
判決が下された。社会不安を引き起こしたという
理由で 2年半の拘留刑に処せられた。彼は 被害児の
親たちを支援する組織をつくり、インターネットで
その窮状を訴えた。
彼は 賠償と 被害児へのより良い医療を求めていた。
この事件で 死んだ子は少なくとも6人に上った。

判決を言い渡されたZhao は その場で 囚人服を 
引きちぎり、看守に抗議した。傍聴していた 
彼の家族と支援者は 号泣した。
下記サイトから:
http://www.faz.net/s/RubCD175863466D41BB9A6A93D460B81174/Doc~EFC3AF2F8DC6F40D9BD26E2D023905ECC~ATpl~Ecommon~Scontent.html

★ 被害者が懲役刑に処せられるのは 不可解です。
中国では 世の中、逆さまのようです。
  


Posted by jtw at 16:25Comments(0)

2010年11月10日

法王ベネディクト16世は自由主義的なスペイン人を批判

ローマ法王は2日間のスペイン滞在中に伝統的な
男と女の夫婦を擁護し 妊娠中絶を非難した。
11月6日に 男と女の夫婦を「社会の基礎的要素」
と讃えた。
スペインでは ホセ・ルイス・ロドリゲス・
サパテロ大統領のもとで 多くの自由主義的な
法律が決議された。
同性の結婚も合法化され、離婚は迅速にできる
ようになり、中絶も簡単になった。
11月7日にも法王はこれらの法律に反論した。
バチカンのゲイに対する考えに反対して 11月7日
には 約200人の同性愛者が抗議の「キスイン」
をした。
巡礼の地 サンチアゴ・デ・コムポステラに
法王は11月6日に着き、ミサを執り行った。
約20万人の巡礼者が 法王に会いに、集まった。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/homosexuelle-protestieren-benedikt-xvi-kritisiert-liberale-spanier-1621536.html
  


Posted by jtw at 18:47Comments(0)