2012年10月30日

大学書林「ドイツ語小辞典」

1967年第一版。手元にあるのは1968年頃に買った。
定価500円。当時の月給は2万円くらいだったから500円は高い。
独和辞典は その後 色々 出版されたので 古いのは 
その都度 捨て、当時の辞書で残っているのは これだけです。
この間、大学書林のホームページを見ていて この辞書がまだ
売られているということを知りました。HPには「改訂版」と書いて
ないから 50年近くもそのまま??
表紙はビニールでなく、厚紙でした。表紙は破れたので 財布の
革を使って 表紙を張り替えました。
昔は バラバラになりそうな辞書の背中に ガーゼを貼り付け、
別の表紙をつけるという製本修復術が伝承されていました。
今は次々に改訂版が出るから そんな唐傘の張替えのような
技術は 忘れられた。
編者 妹尾泰然 先生の巻頭言に 他の辞書についてコメントし、
「genannt(上述の)を求めるのに nennenの項を引かねば
ならぬということは 編纂者の独りよがりで、利用者の多数が
今からドイツ語を学ぶ初心者であることを忘れていると
いえよう」とあります。
ところが、この辞書でgenanntを引くと「nennenを見よ」という
指示があり、次にnennnenを引いて 訳語をみてもgenanntが
(上述の)だという意味だとは 分からない。
昔の辞書の巻頭言は楽しい。
★シロウトが見ても 所々に おかしな訳語もありますが、
小型なのと 活字が読みやすいのとで、出先で使ったり
しています。
小さい辞書としてデイリーコンサイス独和の方が はるかに
信頼性が高いですが、字が小さくて 高齢者にはシンドイ。
パートを雇い、大きい辞書をみながら 語義を見直す
作業をするのは 不景気の折柄 実行しにくいでしょうが、
最小限の改訂、語義の見直しだけを 大学書林さん、
していただけたら有難いです。
私は 変な語義は消して、自分で適切と思える語義を
書き加えて使っています。 
  


Posted by jtw at 12:07Comments(0)外国語学習

2012年10月28日

訃報・アウシュビッツの写真家と最高齢のアウシュビッツ生存者

写真家Wilhelm Brasseは南ポーランドで2012年10月23日に
95歳で他界した。
最高齢のアウシュビッツ生き残りだったAntoni Dobrowolskiは
10月21日に西Pommernの自宅で108歳で他界した。
Brasseは 1940年8月に収容所で 鑑識の仕事をするために
アウシュビッツに送られた。収容者の写真を5万枚 撮影した。
悪名高い医師 Josef Mengeleの人体実験をブラッセはカメラに記録した。
Dobrowolskyは 元小学校教師であり、ドイツがポーランドを
侵略した後、秘密の教師組織に参加した。1942年にゲシュタポに
捕まり、アウシュビッツに送られた。後にザクセンハウゼン強制
収容所で アメリカ軍によって解放された。戦後またポーランドで
教師として働いた。
ナチの計画では ポーランド人は労働奴隷になることになっていた。
Dobrowolskiたち教師と生徒は 個人宅で ギムナージウムの
ための授業を密かにしていた。秘密教室で学んだ生徒の中に 
後に法王になったヨハネス・パウロ二世がいる。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/zeitzeugen-auschwitz-fotograf-wilhelm-brasse-gestorben-1914584.html#utm_source=sternde&utm_medium=zhp&utm_campaign=panorama&utm_content=snippet-aufmacher  
タグ :ポーランド


Posted by jtw at 13:19Comments(0)

2012年10月27日

車の外へ出たい犬の写真集

The silence of dogs in cars という写真集からの写真、
下記サイトに13枚あります。
http://www.stern.de/fotografie/the-silence-of-dogs-in-cars-die-sehnsucht-der-hunde-1911263.html#utm_source=stermde&utm_medium=zhp&utm_campaign=fotografie&utm_content=snippet

この本はハイデルベルクのKehrer Verlag社から40ユーロで
でています。
イギリスの写真家 Martin Usborneは 車の中から外を眺める
犬の写真を 2年以上にわたって写した。出版のための金は
Crownfundingと言うインターネット募金サイトを通じて
動物愛好家が寄付した。
「犬の方が 人よりも 感情を表すのに正直だ。犬は
自分が どんな犬であるかを 隠さない」。
寂しげな雰囲気の写真になるということは 彼には
分かっていた。
★ 犬好きにも 欧州の車の写真を見たい人にも
楽しめる写真でした。  
タグ :


Posted by jtw at 18:19Comments(0)写真集

2012年10月25日

ピーナツの殻等ありふれた物で人形を作る

アメリカの芸術家Terry Borderは 日常どこにでもある物で 
小さい芸術作品を作る。素材は 殻つきピーナツ・人参・
スプーン・たんぽぽの綿毛・トイレットペーパーの芯・
歯ブラシと歯磨きペースト・何か分からない物など。
テリー・ボーダーの作品は 幼稚園の工作のように見えて 
しかし芸術に見える。
下記サイトに写真数枚:
写真7だけは 説明があった方が 分かりやすい。
7の解説:卵は手にお母さん宛の手紙をもっている。母親は
既に料理されてしまっていて 遅かった。そこで この作品の
説明は「問題はすぐに話した方が良い」。
だと思うけれど 自信はないです。
http://www.bild.de/lifestyle/2012/fotografie/skurrile-foto-kunst-terry-border-26744354.bild.html  


Posted by jtw at 18:46Comments(0)写真集

2012年10月14日

明治時代の日本の写真

下記サイトに写真。これらは手で彩色されたもの。
http://www.zeit.de/reisen/2012-07/fs-japanese-dream
Hatje Cantz Verlagから2012年に出版された 
Japanese dreamという写真集は 明治の人物・建築物
・町の写真を収録している。
写真1. 1880~90年の飛脚。立派な入墨をいれている。
2. 1900年頃、横浜の近くのノゲの桜。
3. 1870年頃 芸子さん。
4. 1863~68年、武士。
5. 1885年頃、芸子さん。着物が良くないせいか、村芝居の
   役者さんのように見える。
  


Posted by jtw at 13:46Comments(0)写真集

2012年10月12日

落書き画家Banksyの作品集

街路芸術家Banksyは 壁・道路標識・砦の小道・街路を飾る。
この匿名の画家について多くの本が出版されているが また
新しい画集が出版された。彼の絵はポスター・Tシャツ・
カンバスに印刷されて Amazonでも買える。
彼のサイトでは 無料で彼の絵が 提供されている。
下記サイトに彼の作品 グラフィティ13枚:
http://www.stern.de/kultur/kunst/neuer-banksy-bildband-oase-der-kunst-in-einem-vergessenen-drecksloch-1907106.html  


Posted by jtw at 18:55Comments(0)写真集