2012年09月20日

北朝鮮の強制収容所・脱走者が語る

地獄で生まれ、地獄から脱出した Shin Dong-hyukの物語。
Shinは 1982年に強制収容所の中で 生まれ、2005年に
脱出した。
下記サイトに 彼の話を基に描いた絵 6枚:
http://www.welt.de/kultur/literarischewelt/article109335573/In-der-Hoelle-geboren-aus-der-Hoelle-geflohen.html

絵1.拷問される幼い頃のShin.
  2. 何ヶ月も独房に入れられる。
  3. 作業場でミシンを落としたたま 中指を切られるShin.
  4. 看守は子どもを殴る。
  5. 母親は絞首刑になり 兄は銃殺された。Shinは それを
    見さされた。
  6. 子どもは飢えに苦しみ、雑草やネズミを食べた。
★ 本文は A4で2枚くらいの長さです。
抜粋を書く余裕が ないので 無料翻訳ソフトで ドイツ語→英語
に変えて それから英語→日本語に変えてみてください。
おそらく 訳の分からない日本語が でてきます。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。