2012年09月16日

「同行二人の遍路」アルフレート・ボーナー著

標題は大法輪閣から先日、翻訳として出版された。
ドイツ人による昭和初期の四国遍路の記録。
ボーナーは1894年オーストリーで生まれ、1922年
(大正11年)から28年(昭和3年)までの7年間、旧制
松山高校にドイツ語教師として赴任し ドイツ語を教えた。
アルフレート夫妻は帰国する前年の昭和2年の夏に
「歩き遍路」として遍路に出かけた。
昭和6年に出版された本書は ドイツ語で書かれていることから
日本では これまで ほとんど知られることはなかった。
以上 月刊 大法輪2012年10月号 p.212 遍路紀行家
武田喜治(のぶはる)”遍路で学ぶ生きる知恵”から抜粋。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。