2011年11月23日

日独交流150周年記念植樹@和歌山大学

産経新聞2011年11月23日和歌山版のトップ記事:
和歌山日独協会(樫畑直尚会長)は22日、150周年記念に
駐日ドイツ大使館から寄贈された西洋菩提樹を
和歌山大学に植樹した。
友好の証として同大使館が日本に菩提樹150本を寄贈し
そのうち2本が 同協会に贈られた。

★ブログ管理人の蛇足:
1981年に うちの会ができて 2007年に潰れるまで
初代幹事も 二代目の私も 日独協会が 当地に
あると 知りませんでした。
前の木村知事の時代に ドイツのどこかの州と和歌山県が
姉妹協定を結んで 協会も作ったそうですが 不祥事の後に
これらは なかったことに されたのかと思います。

上記の記事によると「ドイツとの学術交流が盛んで ドイツ語教育
などに力を入れている和歌山大学に 寄贈された菩提樹を植える
ことになった」そうです。
今 和歌山大学にアジア以外では アメリカとフランスの
交換留学生がいるようです。ドイツ語圏から 交換留学生が
きたことは ないようです。10年ほど前に ゲッティンゲン大学
から 交換研究者は こられました。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。