2011年09月20日

明治の「神童書家」発掘、和歌山出身の伊藤明瑞

日本経済新聞 2011年9月20日 文化欄から。抜粋:

「5歳で天皇の御前で書いた伊藤明瑞、自前で美術館」
竹林史博(たけばやし しはく 龍昌寺住職)

明瑞(1889~1948年)は 名声を求めず、子もいなかった
ため、ほとんど忘れ去られている。
竹林和尚さんは 住職を務める山口県の寺内に
美術館をつくるまでに至った。

明石市立図書館に尋ねると研究書が一冊だけあるという。
地元の郷土史家、河井省三さんが著したものだった。
その足で河井さん宅へ赴くと面会がかなった。

明瑞は 和歌山市の生まれ。父・重作は大阪で
旅館を営んでいた。

河井さんの手元には明瑞の作品のほか、手紙や記念品
など資料がたくさんあった。河井さんから 資料を後世に
伝えてほしいと頼まれ、ついに寺の中に展示場をつくり、
今年8月24日に開館した。

明瑞が幼少期を過ごした奈良・奥吉野の川上村へ赴き、
関係者を探して回った。

明瑞は朝鮮半島など各地を行脚して 揮毫していたので、
埋もれた作品はまだ あるはずだ。明石市の西林寺に
墓があるが、その生涯には 不明な点も多い。

写真 by SACHI(photost.jp)



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。