2006年08月25日

上海の日本語学習

毎週日曜の午前、上海の魯迅公園に日本語好きが集うそうです。”日本語角”と呼ばれる勉強会です。公園で立ったまま日本語で話しするのでしょう。読み書きは家で することにして。
うちの会はドイツ語好きが集まるのですが 生徒だけでは 心許ないので 講師なしでは 成り立ちません。
日本の高校の英語授業では 教科書のコピーをノートに貼り付け その翻訳を書かせるというやりかたが今も されているようです。全ての単語を 日本語に置き換えるのですから しんどいです。パラグラフ単位でだいたい何が書かれているか 分かればそれで いいと思います。マニュアルの翻訳ですと こまかく 訳さないと 具合悪いでしょうけれど 高校の教科書を あれほど 思い詰めて 翻訳する必要があるのでしょうか?
高校に時に強制された 学習法を 第2外国語学習にも使う人が いますが やめた方がいいと思います。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。