2007年06月27日

バグダッドからのblogと写真/市街地の死骸・日常的風景

フリーのジャーナリスト Susanne Fischer は 古里 エルベ河畔を
離れ 2003年秋に イラクへ来た。イラク戦争は その年の春に始まった。
今 彼女は 英国の 「戦争と平和報道研究所」の 委託をうけ、北部イラクで
イラク人 ジャーナリストを教育している。
下記は 彼女のblogです。彼女の友人が メールで送ってきた写真が 
ついています。写真をクリックすると 大きくなります。バグダッドの街路に
放置された 死体の写真です。彼女の友人は この現場の近所に 
住んでいるそうです。
★太平洋戦争が終わって 4年経った頃の 日本は 貧しく混乱していたとは言え
イラクほど荒廃していなかったようです。
http://www.stern.de/blog/index.php?op=ViewArticle&articleId=1111&blogId=10



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。