2007年06月15日

バングラデッシュに超大雨・土砂崩れで死者130人

ベンガル湾からのモンスーンによる 地すべりで 400万都市チッタゴンを
中心に 多数の死者がでた。下記サイトに写真が10枚ほど 出ています。
http://www.stern.de/politik/panorama/591003.html?nv=sb

★貧しい国に 大災害が おきて よけい困ったことになります。
日本政府からバングラデッシュへの援助は 毎年 多いそうです。
日本からの 手紙は 書留にしないと 届きません。驚くことでないそうで
そういう国は 他にも 多いらしいです。
バングラデッシュから 和歌山へ 少なくても二人 留学生が 来ています。
極めて厳格なイスラム教の規則を 守って 和歌山でも 生活しないと
いけないらしく、それは 大変です。
たとえば 写真を写されては いけない
幼稚園児と 一緒にであっても 歌を歌っては いけないし、踊るのは
もってのほか、
日本語ができなくても 通訳は 異性に頼んでは いけない、
その他 シンドイくなる から もう近づかないように しているので
詳しい規則は 分からない。 



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。