2010年10月22日

アメリカ兵士・同性愛について黙っていることに

米軍で 同性愛について 本人は黙っていると
いう義務がやった廃止されたのに、その24時間後、
控訴審裁判所は 廃止を取り消した。
軍当局は 新兵が同性愛であると告白することを
禁止していいという判決を カリフォルニアの
控訴審裁判所は 下し、下級裁判所の判決を破棄した。
それにより「尋ねるな、言うな」という規則が 
再び効力を持つことになった。
この規則について 前の週に ある裁判官が 
憲法違反だと判断した。
軍当局がゲイやレズビアンと付き合う場合に 
米軍に「尋ねるな、言うな」という規則が 続いて
いる。
すなわち 軍は 志願する人や兵士に 自分の
性的志向を 尋ねなくていいことになっている。
一方、ゲイやレズビアンの兵士は 軍隊で 自分の
性的志向を秘密にしなければならない。
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/ausland/article10439951/US-Soldaten-erneut-zum-Schweigen-verdonnert.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。