2007年05月21日

子どもに毒を吸わせる喫煙親/喫煙者の子どもを調査

喫煙者の子どもは 今まで 考えられていたよりも 
ずっと多くの危険に曝されている。
公共の場での 禁煙が 増えるから 家庭内での 喫煙が 増え 
家の中で 子どもは 煙草の 悪影響を  ずっと 多く受ける ことになりそうだ。
サンフランシスコで 開かれた 肺の専門家の 国際学会で オランダのユトレヒト
大学病院の医者が そう報告した。4-12歳の 子ども 244人を 
対象に した 調査である。
肺の機能を 調べたところ 喫煙者の子どもの 呼吸能力は 
そうでない子どもと 比べて 劣っていた。
喫煙者の子どもは 咳をしたり、ゼーゼー言ったり 肺炎に 
なったりしやすいと 言うことは 誰でも 知っているが、喫煙者の子どもは 
呼吸についても 障害を受けるということが この調査で 分かった。 
子どもが 生まれた後に 喫煙をする親を もつ 子どもの 
肺機能は 妊娠期間だけ 喫煙した親の 子どもの 場合より、
ずっと大きく 損なわれていた。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/,ra17m3/gesundheit/artikel/841/114727/



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。