2010年06月21日

性少数派パレードinベルリン。クリストファ通り記念日

写真8枚。
写真1. CSD Christopher Street Day は性少数派
の記念日。6~7月の週末に 多くの町でパレードがある。
今年は ブブゼラを吹く人もいた。
標語は「違っていても いいものだ」。
ゲイ、レズビアン、両性愛、性転換者が 法的平等を
求めて参加する。
2. CSDパレードは 1969年に ニューヨークの
クリストファ通りで性少数派への警察の手入れが 
あった日を記念して行われる。
3. 同性愛者は つねに 暴力や 仲間はずれを 
経験するわけではない ことを 人々に 分かって
もらいたい。
4. 今年の ベルリンでのパレードに 約50万人の
参加が見込まれている。
5. ベルリン市長 Klaus Wowereit も参加した。
6. 6月19日(土)にも ゲイのカップルが ベルリン
でナイフで襲われた。
7. 緑の党のRenate Kuenast もベルリンの目抜き通り 
クーダムで 参加者と一緒に 写真に おさまった。
8. 虹色は 性少数派のシンボル。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/christopher-street-day-schrille-parade-durch-berlin-1575337.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。