2007年03月26日

年齢別にクラス分けしない保育所@ドイツ

Bielefeld 市の 保育所 Hand in Hand は 年齢別でなく 
4ヶ月児から6歳児までを 一つのグループで世話する やり方を
していて、これを 「大家族」の 原則と言っている。
大家族のやり方は 子どもに いい機会を 与える。
遊び・お絵描き・ことばの習得においても 子ども同士で お互いに
手本になって いい影響が生まれる。配慮や 対人関係の能力も
学べる。
3歳まで 母親が家に居て 子どもの面倒みるよりも 早く
保育所・託児所に 出たほうが 子どもの発達には いい。
女性は 大学を出て いい職業教育を受けても 3人も子どもを 
もったら 仕事が できなくなる。これでは 教育費の浪費だ。
この保育所では 今 3人分の アキに 25人の子どもが
申し込んでいる。
年齢の違う子どもを 同じグループで 面倒見るのは 子どもに
とって良いことだが、年齢別クラス分けよりも 費用が かかる
という難点がある。
下記サイトから:
http://www.heute.de/ZDFheute/inhalt/29/0,3672,5252061,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。