2007年03月13日

少子化対策@ドイツ

ドイツでは 託児所の数も 託児所の営業時間も 充分でないと 
世界女性会議に際して EU委員会は7日に 発表した。
子どもの養育に多くの投資を しているのは スウェーデンと
デンマーク。この2国は EUで 女性一人当たり出産児数は
もっとも多く、就労女性は もっとも多く 70%を超える。
ドイツの就労女性の 割合は 60%。
一人当たり出産児数は デンマークで1.8人、スウェーデンで
1.77人。これに対し ドイツでは 1.34人。
「多くの女性が 家にいる国で 多くの子どもが 生まれるので
なくて、女性の 労働環境が最良の国で 多くの子どもが
生まれる」
ドイツ家族相 Ursula von der Leyenは 2013年までに
託児所の数を 今の3倍 75万にすると言っている。
ZDFheute.deから引用



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。