2009年12月29日

絶滅危惧される野鳥は増えているinドイツ

絶滅の危機にある鳥の状況はドイツで さらに悪く
なっている。「2009年のドイツの鳥」という報告書が 
ドイツ自然保護局 BfN により、発刊された。特に 
畑の鳥や地面に巣を作る鳥が減っている。
ヨーロッパ共同体EG(英語でEC)の「鳥類保護指針」
の発効後 30年たったが ドイツの鳥は減っている。
極めて危険な状況にあるヤマゲラやタヒバリのような
種には、適切な対策をとり、保護しなければ 
ならないとDDAは述べている。DDAは ドイツの
鳥類関係の地域的・全国的協会の連合体。
特定の鳥 たとえば 大野雁・草原チュウヒ・
黒コウノトリなどについて 保護計画は成果を
あげている。
ニーダーザクセンでは 耕作地に農薬や肥料を
使わないという試みがなされ、キノドアオジ
(黄喉あおじ)にとって 健康に良い生息地が
確保された。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/weltall/Mehr-Vogelarten-gefaehrdet-article634046.html

★ ついでながら まったく これと無関係です
けど、新アポロン独和辞典の改訂版が 2010年1月に
発刊されるそうです。生きている間に 独独辞典を
使えるほどに ドイツ語を理解できるようになると
思えないので 独和の新版は楽しみです。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。