2009年12月24日

「気球少年」の父親・収監inアメリカ

10月にコロラド州で ヘリウム気球に乗って 
6歳の少年が飛ばされたと言いふらしたペテンに
ついて 少年の父は3ヶ月の懲役刑に、母(日本人)
は20日間の懲役刑に処せられる。12月23日に
判決が言い渡された。
気球に少年が乗ったままだという親の話しに騙され、
4時間 大騒ぎになった。親がテレビのリアリティー
ショーで金を稼ごうと仕組んだ芝居だった。
両人は4年間 保護観察下に置かれ、その間は
この事件について本、テレビ、映画などから
収益を得ることが禁じられる。
気球の「救援」に向かったヘリコプターや救助隊
の経費 総額47000ドルを 両親は支払わなければ
ならない。
父親はアルバイト職人である。
アメリカでリアリティーショーに出演すると
1万ドルになる。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/,ra2l1/panorama/307/498600/text/




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。