2007年02月27日

環境保護エネルギー部門のドイツ企業・世界で最有力

ハンブルク・Husum・Thalheim・Freiburgの企業が 太陽電池、
風力発電設備・バイオ動力用燃料設備の 製造で 最有力である。
去年の これらの設備の 輸出は 70億ユーロ、2005年の輸出額
46億ユーロと 比べて 30%の 増加。
今後 年に10%の 増加が 見込まれる。
ドイツ政府は この分野を 支援している。
気候変動に ついての 世界的な論争や ロシアの石油調達に
ついての紛争も この分野にとって 有利な条件である。
世界の 水力発電機の 1/3は Heidenheim の Voith 社の
製品であり、風力発電機の 約半分、 太陽電池の1/3は 
ドイツ製。 太陽電池の 34%は 輸出される。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/aktuell/meldungen/0,1185,OID6426482_TYP6_THE_NAV_REF1_BAB,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。