2009年10月27日

青少年に煙草を止めさせるのに電話相談が効いた

青少年に禁煙させるのに電話相談が動機付けになる。
これはアメリカの2000人の若い喫煙者についての
調査の結果だ。「国立癌研究所雑誌」に発表された。
電話相談の窓口九つに相談した生徒の22%弱が禁煙した。
対照群について禁煙した人は18%弱だった。
ワシントン州の50の学校を選んだ。25校の11年生と
12年生について、煙草をすうか、何本すうかを尋ねた。
その他の25校の喫煙者には 同学年の生徒に助言を
提供した。電話での助言だけが喫煙者に影響を
及ぼすことを統計的に除外するために 745人の
非喫煙者を分析に入れた。
1年後にまた青少年に煙草を吸うか、何本すうかを
尋ねた。電話相談を受けた生徒は 対照群と比べ、
少なくとも6ヶ月は吸っていないと答える人が多かった。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/gesundheit/Telefonberatung-hilft-article561647.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。