2007年02月16日

こども幸福度世界ランキン

オランダの子どもは 親が お金が充分にあり、会話も多く、いい友達を 
もっている。英国・アメリカの 子どもは うまくいっていない。
21の先進国の 子どもと 青年に ついて ユニセフは 物質的環境、
健康、教育、親や同年代の子との関係、生き方、危険、独自の評価を 
比較した。
調査の 委員長は フンボルト大学の Hans Bertram。
子どもが 気持ちよく過ごしている国は 一番が オランダ、その後 
スエーデン、デンマーク、フィンランド、スペインと 続き、最悪は
英国で それより 少しましなのが USA.
ドイツの 子どもは 中くらい。 ドイツは 青少年の喫煙率が 最大。
チェコの 子どもは 経済的には 恵まれた条件には ないのに ドイツ 
イタリア 日本の 子どもより 気持ちよく 過ごしている。
ドイツの 家族の 絆は 大多数の国に おける よりも  弱い。
一方 ハンガリーでは 十代の子の 90%は 親と 定期的に 
話を している。
友達についての 評価には 国によって 大きな 格差が ある:
英国では 友人が たいへん助けになっているの 言うている
青少年は わずか40%。スイスでは 80%なのに。
このような 英国の悲惨な 結果は ヨーク大学の 
Jonathan Bradshaw によると 食うか 食われるかという
我勝ちの社会を 示すものである。
データは 2000年から 2003年までに 集められた。 
下記サイトから 要約:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,2347843,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。