2009年10月25日

元ベトナム人孤児・ドイツ保健相に

2009年10月23日に漏れた情報によると 自由民主党の
Phillipp Roesler(フィリプ・レスラー)は28日に
保健大臣になる。双子の父で 医師。これまで
ニーダーザクセン州の経済大臣だった。
1973年2月24日に南ベトナム メコンデルタの
カンフンKhahn Hung市に生まれた。当時は戦乱の頃で、
75年の終戦までに3百万人が死んだ。
彼はカトリックの孤児院に引き取られた。両親について
何も分からない。名前も分からない。生後9ヶ月で
Terre des Hommesという組織を通して ドイツに
養子として来た。北ドイツのレスラー夫婦が 
ベトナム戦争反対デモに参加しなかったけれど、
できることをしたのだ。
継父のUweは社会民主党員で、ドイツ軍飛行教官だった。
彼が4歳の時に 両親は離婚し、彼は父に引き
取られた。彼はドイツでうまく生きていけた。
19歳で 素晴らしい成績で 高校を出て 医学部に
入った。医学生時代に病気の子どもたちを 
腹話術で楽しませた。
21歳の時に まだ16歳だった今の妻に会い、
2003年に結婚した。妻も医師になっていた。
彼はベトナム人の「根」を探る気は無く、自分は
ドイツ人でカトリック信者だと思っている。しかし 
妻に懇請され 2006年にベトナムへ妻と一緒に行った。
それは 生まれてくる子どもに父の出所を語る
ためだった。

「私が大臣になるということは、ドイツが偏見の
無い、世界に向けて開かれた、寛容な国だという
ことを示している」と彼は言う。
下記サイトから:
http://www.bild.de/BILD/politik/2009/10/25/die-neuen-minister/in-merkels-kabinett-philipp-roesler.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。