2009年10月14日

戦線の中のライオン/ガザ市の動物園

年初まではライオンの他に ラクダから鑑賞鳥まで
400種が 動物園にいた。
戦争を生き延びたのは わずか10くらい。猿が2匹、
狐が3匹、ライオン1頭など。
しかし 夏にガザ市と難民キャンプから毎日 
数百の客が動物園に来た。イスラエルに封鎖され、
出かける場所が あまりないからだ。

2005年にガザ市の武装集団ハマスが そのライオン
を動物園から拉致した。生後数ヶ月の赤ちゃん
ライオンだった。ハマスがライオンを動物園に
戻した時、ライオンは爪と歯を何本もなくしていた。

戦争の始まった去年12月27日以前の状態に 
動物園を戻したいと管理者は願っているが、
金がない。
金さえ出せば、エジプト国境の下を越えて
トンネルを通って コンピューターも酒も武器も 
ライオンでも密輸できる。
猫や犬を動物園に寄付する人はいる。新しい動物
をガザへ持ち込むものは 難しいからだ。
下記サイトから:
http://www.faz.net/s/RubCD175863466D41BB9A6A93D460B81174/Doc~EA8DF12B7347B4DEDBF6D66623AA347CF~ATpl~Ecommon~Scontent.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。