2009年08月26日

精錬所による大気汚染in中国・数千の子ども鉛中毒に

下記サイトに写真14枚:
写真1. 湖南省のWenpingの工場は閉鎖された。
7月初旬から湖南省で 多くの子どもが中毒で
苦しんでいる。この写真の工場からの排ガスの
せいで、風邪・発熱・集中力の衰えなどを 患者は
訴えている。最近まで この工場でマンガンが
精錬されていた。

2. この工場の周囲の空気中に通常の6倍の鉛が
測定された。工場から わずか500メーターの所に 
二つの学校と一つの幼稚園がある。
3. 13000人以上の子どもの血液中に 過度の鉛
が確認された。検査を受けた14歳以上の住民の
70%が鉛中毒。
4. 省都 Changsha(長紗)の病院に親が
子どもを連れて治療に行く。
5.鉛は神経系を損ない、新しい血球の生成を
阻害する。鉛中毒の長期の障害として、脳障害・
貧血・筋力の衰えを 親は心配している。
6. 被害をうけた村の 健康診断は拡大され、
多くの子が病院に来る。
7.Wugangの工場は 環境担当の役所の許可を
受けていなかった。それなのに溶鉱所が閉鎖された
のは 親が猛烈な抗議をした 後だった。
地元の役所は このスキャンダルを知っていたに
違いないと犠牲者の家族は憤慨している。
8.この子も血液検査で 鉛中毒と診断された。

9.8月初旬に北部のShaanxi省でも 似た例があった。
(Shaanxiが 山西か陜西か 分からない、この
両省は隣り合わせ)
そこでは 600人以上の子どもが鉛中毒と診断
された。亜鉛と鉛の精錬所の 排ガスによる。
多くの子の血液1リットル中 400ミリグラムの鉛が検出
された。通常は100ミリグラムである。200ミリグラム以上
になると、神経系は損傷される。

10.政府は 全国の金属溶鉱所を調査すると発表
した。Saanxi省の工場の周り500メーター以内に住んで
いる約600の家族は2年以内に移住することに
なっている。
11.工場は住民の移住を支援するように求められて
いたが、大半の住民は貧しく、新しく家を買え
ないので、約600世帯のうち100世帯だけ移住した。
12.工場の排ガスの他に 自動車の排気ガスや 
生活環境も影響していると、中国の環境当局は
言っているが 親は そうは思わない。

13.Wuangの工場は 2008年5月に操業を始めた。
それ以来、工場からの濃い霧と煙について 
住民は苦情を申し立てている。
14.中国の貧しい地域に 環境を汚染する工場が
建てられてきた。しばしば 住民の家のすぐ傍に
工場は建てられた。
http://www.stern.de/gesundheit/umwelt-skandal-in-china-tausende-kinder-durch-blei-vergiftet-1505261.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。