2009年08月23日

カレーソーセージ博物館ベルリンに開館

ピザ、串焼肉、カレーソーセージは ドイツで人気のある
軽食だ。カレーソーセージは シュレーダー元首相の大好物
でもあった。
(下記サイトの写真で見ると、紙皿に切ったソーセージ
とカレーがのっている。ソーセージとカレーは 混ぜられて
いない。プラスチックのフォークが添えられている)

1~2ユーロで買える。毎年 ドイツ全国で8億皿が売られ 
ベルリンで約7千万皿が出る。
2009年8月15日に ベルリンの検問所チャーリーの近くに 
この博物館が開かれた。
カレーソーセージは1949年に生まれ、今年で60年になる。
49年の頃は まだ戦争の後 落ち着かない時代で、
闇市が繁盛していた。
カレーソーセージの生誕の地として ハンブルク、ルール地方、
ベルリンなど 諸説がある。
誰もが 地元のカレーソーセージ屋台のが 一番
おいしいと言う。

下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,4563919,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。