2009年08月22日

ドイツの最も悲しい葬儀・ゴミとして捨てられた赤ちゃん

下記サイトの写真にあるように 警官が小さい白い棺
を両手で持ち、傍にもう一人の警官が付き添っている。
シュトゥットガルトの墓地の生ゴミ堆肥の山の中から 
生後3日の赤ちゃんの遺体が見つかった。
刑事が洗礼式で その子をアンナと命名し、
埋葬の手配をした。
棺は白いバラとガーベラで飾られ、50本の蝋燭に
火がともされた。
(フロイデ独和辞典によると ガーベラ と言う花は 
Gerberaはドイツの医師 ゲルバーGerber 1743年没、
にちなむ)

牧師は弔辞で述べた:小さい いのちは始まる前に
終わらなければならなかった。私たちはアンナに 
アンナがこの世で見つけられなかった場を 
与える。できることなら、アンナに別の 
おうちを あげたかった。

http://www.bild.de/BILD/news/2009/08/21/traurigste-beisetzung/baby-beerdigt-von-mutter-in-muell-geworfen.html 



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。