2009年07月24日

人身売買の犠牲者への支援inドイツ

ドイツ人権研究所の所長 Heiner Bielefeld は人身売買
の犠牲者は 今まで犯人の証人として事情を
訊かれるだけのことだったと 2009年7月14日に
ベルリンで述べた。
犠牲者自身の要求については 視野に入れられて
いない。
金だけの問題ではない。犠牲者は自己の行動能力が 
どのようなものかと言うことについての意識を 
取り戻すことができる。犠牲者は 長年 他人に
極端に支配されて生きてきたのだ。そこから
出直さないといけない。
賃金や補償について要求を押し通すことが、
犠牲者にとっては難しい。
3年間のプロジェクト「今日の強制労働:人身売買
からの回復」は犠牲者が 権利を主張すること
を支援する。
EVZと言う財団が 年に20万ユーロの助成をしている。

間違えた情報を受け取っていたり、強制送還を
恐れたりしているために、助言を求めに行く
犠牲者は少ない。

人身売買は しばしば 強制的売春との関連で
取り扱われ、労働の搾取や 結婚での人身売買は 
視野から外されている。

合法的移民の可能性についても、より良い情報
が必要だ。労働や結婚の仲介、オーペアの仲介
においても、より良い規制が必要だ。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,4486554,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。