2007年01月19日

父親達の星条旗

和歌山では 去年 上映された 標題の 映画は いま ドイツで 上映されて いるらしく、
ドイツのメディアに 紹介の 記事が でています。下記を 自動翻訳に かけると 
変な日本語に 変わります。
監督 イーストウッドに よると これは 「英雄的行為についての 映画で、 人は 英雄を
頭のなかで どういう風に 作り上げるか という ことを 説明する映画」 だそうです。
イーストウッドは ずっと アメリカ社会の 敗者を 描き続けてきた。
http://www.sueddeutsche.de/,spom2/kultur/artikel/551/98453/



この記事へのコメント
この映画にドイツ人はどういう感想をもつでしょうかね?私に限らず日本人はTV映画の「コンバット」が好きでした。子供のときだったのでドイツ人の気持ちを考えたことがなかったですが、大人になってあるときドイツ人に「コンバットは好きか?」と意地悪な質問をしてからかったことがあります。悪いことをしたなぁ。
Posted by M.M. at 2007年01月19日 19:29
この記事に 日本については ほとんど 書かれてないです。
映画で 出てくる 物語 以外で 書かれて いるのは イラクへ 送られている 兵士達のこと、イラクに捕虜に なった 女性兵士 Jessica Lynch さんの劇的な 救出作戦と その後 英雄に された 彼女の ことなど。
Posted by jnz at 2007年01月20日 06:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。