2009年07月16日

コーヒーは脳・肝臓にも良い

コーヒーは 刺激の処理を速め、老人の糖尿病・
アルツハイマー・肝硬変を予防すると、マールブルクの
ドイツ緑十字は 新刊の小冊子で述べている。
カフェインは 集中力を良くするだけでなく、1日に
少なくとも4杯のコーヒーを飲むと 肝硬変になる
危険は80%減る。

コーヒーは クロロゲン酸のような 健康にいい物質を
含んでいる。これは 抗酸化作用があり、 
老人の糖尿病の危険を ほとんど半分にする。
このためには 1日に6杯のコーヒーを飲ま
なければならない。

アルツハイマーを防ぐには 1日に3~5杯のコーヒーを飲む。

ドイツ緑十字は「コーヒー・健康への効果」と言う
小冊子を配布している。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/koerpergeist/Kaffee-ist-gut-article410887.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。