2009年05月26日

レッドブルコーラに含まれるコカインは無害という判定も

レッドブルコーラに微量のコカインが見つかった後に
ドイツ連邦危険査定所は これを検査し、危険でないと
判断した。コカインの濃度が低すぎ、作用を及ぼすには
至らないと言う見方である。
しかし その後の このコーラはドイツの多くの州で
販売を禁止されている。
ノルトライン-ヴェストファレン州の保健・労働研究所は この
コーラ1缶に0.13マイクログラムのコカインを検出した。しかし 
中枢神経と心臓・循環系に作用を及ぼすには この
7000倍の濃度が必要である。
下記サイトから:
http://www.stern.de/gesundheit/ernaehrung/aktuelles/:Kokainspuren-Red-Bull-Cola-Bundesinstitut-Gefahr/701779.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。