2009年05月23日

依存症者から麻薬への最後の手紙(2)

4. 酒と覚醒剤(スピード)とコカイン様。

10年前に 初めて会った その日から 素晴らしく気が合って、
何日も夜は一緒に過ごしました。

一人ぼっちでは ないと 思えた。
あなたは私を××だと決め付けなかったし、からかったり 
笑いものにしなかった。
一緒に居て楽しかった。
あなたには 分かってくれていると思えた。
あなたは 私のために居てくれた。
最高の恋人だった。

しかし 時が過ぎ、すべてが変った。あなたは私を
変えてしまった。
あなたは私の生活、私の身体を支配した。
私は 自分を支配できると思っていたけれど、思い違い
だった。もう遅すぎた。
あなたの魔力に取り込まれ、一人では そこから
出られなかった。何もかも どうでも よくなった。人生も
家族も この世も どうでも よくなった。すべてが灰色に
なって、生活を投げ捨てたかった。
しかし ただ一つだけ あなたが私から 奪い取れ
なかったものが あった。私の「心の声」は 奪われ
なかった。心の声は 私を代弁し、私を支えてくれた。

今 私は自分じしんが 分かる場に居る。自分を理解して 
愛することが できるようになった場にいる。
心の落ち着きと 満足を ふたたび 手に入れた場にいる。
この手紙を最後に あなたと別れるつもりです。
あなたを今も 尊敬しているけれど、別々の道を行く時
だと思います。あなた無しで 一人で 私の道を行けるから。

世界は今、灰色でなくなり、色とりどりの世界になった。
生きるのは 今は 楽しい。自由になった。

タニァより。

5. クリスタル(覚醒剤)さま。あなたと別れます。

あなたは とても多くのことを私に 与えてくれた。
あなたを必要とした時には いつでも あなたは居て
くれた。あなたは 私にとって すべてだった。恋人で、
母親で、親友(女性の)だった。
そうでは あったけれど、もう別れたいです。あなたは
私を めちゃめちゃに してしまった。薬を使って いなければ 
していなかったような ことを してきた。最悪だったのは 
子どもを失ったことだ。
あなたは私を操り人形のように 操った。もう嫌です。
だから あなたを追い払い、あなたが 私の生活に二度と
現れないで ほしいと願っています。
あなた無しで 生きていくのは 辛いけれど、心の奥で 
そのほうが いいと いうことが 分かりました。
アンナより。
下記サイトから:
http://jetzt.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/475529/2/1#texttitel




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。