2006年12月25日

クリスマスinベスレヘム・高い壁に囲まれて

イスラエルが建てた 境界の壁の 陰で 多くの人が 抗争の もとに 苦しんでいる。
彼らの 願いは ただ一つ 平和だけ。
下記サイトは ベスレヘムの 住人のうち キリスト教徒18人の 写真と その一人一人の 
願いを 紹介する。
とても 18人分を 要約できないので 自動翻訳に かけてみて ください。
無茶苦茶の日本語に なっていても ないより ましです。
http://www.zeit.de/online/2006/52/bildergalerie-betlehem?1

毎年12月24,25日に 世界中の人は ベスレヘムに  目を向ける。
しかし このエルサレムの 郊外の 小さい パレスティナの 町の人々の 日常生活を 
誰が 知っている だろうか?
人口 約3万人のうち 立ち退く人も 多いのに まだ 40%は 様々な キリスト教会に 
属している。以前と 違って イスラム教徒が 多数派になっている。
人口の 60%は 貧困境界以下の生活を している。
失業率は 60%以上。経済の 65%を 占める観光業は 第2次 インティファーダ
(2000年9月)の後 衰退しつつある。
ベスレヘムの ホテル全体の 部屋の稼働率は 2002年に 22.1%、
2005年には 僅か2.5%。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。