2009年02月26日

60年代の白黒写真・東京、香港、モスクワ、アフリカ

Robert Lebeckは50年以上 世界中を旅した。
その途中で白黒写真を写した。
1952年3月 23歳の誕生日に妻がカメラを贈ってくれたのが
始まりで、標題の写真は ドイツ人を感嘆させた。
当時 極東、鉄のカーテンの向こう側、暗黒大陸は
よその世界だった。
下記サイトで10枚の写真が見られます。
日本で写した写真は 八幡の踊り子さん二人、
部屋には 風呂敷包みがあります。
http://www.zeit.de/online/2009/09/bg-lebeck



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。