2009年02月18日

児童施設の入所者への不当行為inドイツ

1950-60年代の西ドイツの 教会立・国立の児童施設で
50万人以上の子どもが 監禁され、虐待され、自尊心を
傷つけられていた。
今 連邦議会の委員会が 当時のことを根本から洗い
直し再検討することになった。
ソニア(59歳)はこの委員会で次のように述べた:
「施設にいたことを ずっと恥だと思ってきた。施設にい
たことが他の人に分かってしまうと思ってきた。」
「請願者として この委員会に来たのではない。すべての
当時の施設の子どもたちの名において、私たちに
為された不当行為に対し 償いがされることを要求する。」

ソニアは1964年から4年以上 施設に閉じ込められていた。
その理由は 家族の友人が14歳だったソニアを強姦しよう
としたというものだった。男は釈放され ソニアだけ
施設に入れられた。

ソニアと他の少女は 農業、クリーニング、縫い物を
賃金なしで やらされた。教育を受ける機会は まったく
無く 人権は無視された。
手紙は検閲され、拷問に近い非人間的罰を受けた。
規則に違反すれば また監禁された。ソニアはウツになり、
自分が悪いから こうなったと思い、21歳の誕生日に
窓から飛び降りた。何週間も意識不明だったが 
生き延びた。
子どもは軽蔑され すべては キリスト教による養育と
言う名のもとに行われた。

この委員会は カリタス会(ドイツのカトリック系の福祉団体)、
プロテスタントの福祉団体、プロテスタントの教会、カトリックの
司教会議の 代表者からなる。
カトリックの修道院は90年代まで 西ドイツで多くの
児童施設を経営してきた。そこでの性的虐待について 
多くの報告がされている。
委員会は2年かけて 50~60年代にドイツの施設で 
子どもに加えられた不当行為について 洗い直し
再検討する。この委員会設立のきっかけに なったのは 
2006年にシュピーゲル社が出版した「主の御名においての打撃」
という本だった。この本で初めて 当時の施設の子どもの
悲運が報告された。

委員会による調査結果は 証言としての力はなく、
公表もされない。
したがって Bochum大学に 研究調査プロジェクトを
作る資金が提供された。

ハイデルベルクにある「ドイツ青少年支援・家庭権利の
ための研究所」の所長 Thomas Moersbergerは 
今日でもドイツで青少年施設にいるこどもの基本的な
権利が傷つけられていると 述べている。

施設で子どもの頃を過ごした人の協会の会長 
Hans-Siegfried Wiegand は あと2年 調査結果を
楽しみに待っている。
ハノーファの司祭は 教会の施設が子どもたちの意思を
砕いてしまったことを 恥ずかしく思うと言った。
Hans-Siegfiredの心の痛みを和らげる言葉だった。

下記サイトから:
当時の施設の写真9枚も見られます。
子どもと言うより 青年・若い女性が労働させられて
いる場を写した写真です。
http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/0,1518,608220,00.html

★別のブログのカキコミを貼り付けました。
管理人が同じです。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。