2009年01月17日

破滅的極寒波でペンギン死ぬ@ドイツの動物園

ペンギンにとって慣れていない零下の気温が続き 
ニュルンベルク動物園のペンギンは弱り果てている。
寒気のため ペンギンの免疫系が弱くなり、鳥マラリア
などの病気にかかりやすく なっていると 園長は
1月15日に発表した。
5羽は既に死んだ。残りの40羽は 暖房ランプの
整っている部屋に入れられた。
飼育係はペンギンが 水場に近づけないようにした。
零下12度という気温から逃れ 多くのペンギンは
水の中に入っていた。水の中は 少なくとも零度なので 
まだ暖かい。
低体温にならないように 飼育係は水中のペンギン
を捕まえ、部屋に入れた。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/,ra13m1/bayern/968/454650/text/



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。