2006年11月30日

男の小学生の特性inドイツ

ハンブルク統合学校の 教師で 大学講師の フランク ボイスターは 小学校の男の子は 女の子と 比べて 授業に 適応しにくいと 論じている。
学習には 柔軟性が 必要とされるが これは 女性の得意な 分野である。
小学生のうち 男の子の12%は 終了できない。
教師は 男の子を 女子よりも もっと ほめて やらないと いけない。
男子は 女子よりも 言語能力が 低いのに 小学校では 文章中心の 学習である というのも 不公平だ。
男子は 本を 読むよりも 実地に 試してみたい 行動したいのだから 教師は ムリに 本を 読ませようと しない方が いい。
男子には 文章に ついて 女子より 多くの 指導が 必要なので 男女 別に 言語能力を 指導 するのも 意義が ある。
http://www.sueddeutsche.de/,jkm3/jobkarriere/berufstudium/special/571/43528/index.html/jobkarriere/berufstudium/artikel/97/93004/article.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。