2008年10月28日

経済危機でロバが自動車の代わりに@ガザ

ガソリンの代わりに干草が要るし、中古車業者よりも
家畜業者の方が多くなった。ガザ地区では 
経済危機のためにロバが復帰した。
良いロバは1頭1200ドル、妊娠中のロバは
1500ドルする。1年前は1頭400ドルだった。
必要なガソリンの17%、デイーゼル油の需要の67%しか 
ガザ地区に入っていない。ガソリン価格は高騰した。
木製の荷車が普及し、ロバのタクシー、ロバの
学校バス、ロバの引越し車が使われている。
役所もロバを使い始め、ガザ地区のゴミ処理では
9月から190頭のロバを使っている。
結婚式で500人を運ぶのにも74台のロバ荷車が
提供された。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/politik/ausland/0,1518,586116,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。