2008年04月18日

マダガスカルで動植物保護区3倍に

マダガスカルで絶滅の危機にある動植物を守るため
自然保護区を3倍の面積に広げることになった。
国際的研究班は同島土着の約2300種について調査した。
同島にいる種の80%は世界の他の場所には見られない。
孤立した島であったために珍種の宝庫になった。
2000年前に人間が同島に住むようになってから
約90%の森林面積が失われた。
保護されている昆虫や動物が 密輸出されることも
多い。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/Artenerhalt_auf_Madagaskar_Tiere_bekommen_mehr_Platz/100420085719/946949.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。