2008年03月14日

文楽・岐阜瑞浪市相生座で5/31に公演

5月31日 簑助さん 勘十郎さん
嶋大夫さん 千歳大夫さん 燕三さん他
曽根崎心中 義経千本桜など 二部に分けて。

相生座は 江戸末期から明治時代に栄えた美濃歌舞伎の
二つの小屋を移築、合体して1976年に開場した。

簑助さんは 13-4歳のころ、福岡 飯塚市の嘉穂劇場で
恋女房染め分け手綱の 子役 三吉を遣った。
観客が 涙を流しながら 次々に「おひねり」を 投げてくれた。
客席の反応が真っすぐで いにしえの 舞台人の息吹を
感じる。そんな 地方の劇場を簑助さんは 愛している。

以上 日本経済新聞 2008年3月13日夕刊から抜粋



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。