2008年01月19日

ナイロビのスラムから

1月4日発: ケニアでは流血の騒乱が続いている。
特に悲惨なのがナイロビのスラム街で、もっとも悲惨
なのがスラムの子どもである。
死体はゴミ捨て場に捨てられ、犯罪者や略奪者が
通りを徘徊する。
誰もが すべての人を恐れている。

庭師のデニスは バスが走らないので 仕事の場所
まで4時間歩いて行く。
食糧はなくなり、料理するにも 火をおこす石油もない。
物価は2倍になり 物を手に入れるのに 長い間 
探さないといけない。
夜は 襲撃されるのが心配でグループで外で寝る。
騒乱の前には 貧困が人々の間柄を緊密なものに 
していた。今では 不信感が広がっている。
二児の母であるフローレンスは新年を祝えないのが
悲しい。近所に何もない。食べ物も無い。
政治家は 家族を安全な外国へ送り出した。
貧しい人は 子どもを残して死ぬ。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/kenia164.html

★こういう騒乱の後に孤児院が作られる。日本の児童養護施設
の多くも 元は 太平洋戦争後に 作られた 孤児院だそうです。
日本の施設は 戦後60年たつけれど 一部の例外を除いて 
よくない。
このブログの「お気に入り」にある 施設出身者 mariaさんと
leiさんのブログも 見てください。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。