2007年12月26日

ネパール王政廃止決議

12月24日に政府と元毛沢東主義者反乱軍は 
共和制を宣言することに合意した。
民主的共和制への移行のための憲法は4月の選挙の
後で制定される。毛主義者は王政廃止後の政府に
参加する。
王政は240年続いた。
王はヒンズーの神Vishnuの直系の子孫とみなされている。
Gyanendra国王は2005年に専制国王である
と宣言し、臣民の信頼を失った。
2006年11月の反乱軍との平和協定は 極左翼集団の
反乱を終わらせた。この反乱で13000人以上が殺された。
2006年までの10年間 毛主義者は王政廃止の
ために戦った。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,3020315,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。