2013年09月24日

ジャズピアニスト/パウル・クーン死去85歳で

2013年9月23日発:
ドイツの「ピアノの男」クーンは 数十年、ショーの世界で
活躍し、心臓病のため85歳で死去した。
彼は引退することを考えていなかった。この11月には
「レーヴァクーゼン・ジャズの日」に出演する予定だった。
今年の春に85歳の誕生日の直前に「ピアノの前に
座らない日は一日もない」と語った。
1936年 8歳で にアコーディオン奏者として初めて舞台に立った。
2011年には 当時、住んでいたスイスで 主役として
映画デビューした。そのときに「聞こえにくいし、目も良く
みえないが それ以外は元気だ。歳をとるということは 
くだらない」と語った。
最期まで 夫人のウーテは 彼に力と自信を与えた。
2008年春、80歳の誕生日を故郷 Wiesbaden ヴィーズ
バーデン での ジャズフェスティバルで祝った。
下記サイトから:
http://www.stern.de/kultur/musik/der-mann-am-klavier-jazz-pianist-paul-kuhn-ist-tot-2059817.html
http://www.n-tv.de/panorama/Paul-Kuhn-ist-tot-article11422676.html

写真 lovefreePhoto



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。