2013年05月03日

志ん朝さん十三回忌

古今亭志ん朝さんが63歳の若さで亡くなって、今年は十三回忌だ。
大阪が大好きだった師匠、師匠の粋な姿にほれていた大阪の噺家たち。
そんな関係から 大阪・千日前のトリイホールで 命日の10月1日に
追善の会が決まった。
同じ会場で 5月4日には志ん朝の思いを継ぐ「古今亭の会」が
弟子の志ん橋、志ん輔らによって開かれる。
染丸がいう:「粋でした。人間的魅力も素晴らしかった。若い頃
金も人気もあって、得意になった時期もあったけど、三木のり平さんの
劇団に接して、人との付き合いや心得を勉強された」
以上産経新聞2013年4月27日 夕刊から抜粋。
★志ん朝さんは 獨協高校でドイツ語を学んだ。
新コンサイス独和・和独辞典の編集者 早川東三先生と
志ん朝さんとの対談は インターネットで読めます。
このブログの2006年11月21日のカキコミに そのURLが
でています。


同じカテゴリー(外国語学習)の記事画像
古い独和辞典で古い日本語を知る
月刊誌「ふらんす」創刊90年
クラウン独和辞典第五版
自動翻訳は分からない
ベトナムの人名
カルトフェル・ドイツ風居酒屋
同じカテゴリー(外国語学習)の記事
 古い独和辞典で古い日本語を知る (2016-11-23 09:13)
 月刊誌「ふらんす」創刊90年 (2015-04-25 20:33)
 クラウン独和辞典第五版 (2013-12-26 13:07)
 自動翻訳は分からない (2013-09-10 18:55)
 ベトナムの人名 (2013-07-31 18:34)
 カルトフェル・ドイツ風居酒屋 (2013-07-20 17:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。