2011年07月29日

児童売春・人身売買inカンボジア

「娼館に売られてから 私は死んでいる」
Somaly ManとSinaは 性奴隷だった。今、彼女たちは 
強制売春に反対する闘いをしていて、数千の少女を
救出してきた。
しかし昔の記憶が 彼女たちを苦しめる。

ソマリ(41歳)とシナ(26歳)がドイツに来たのは 
DLD女性大会に参加して 体験を語るためだった。
二人は カンボジアで幼い頃に 娼館に売られ、強姦
され、虐待された。少女を奴隷状態から 救出する 
支援組織 Somaly Man財団について 二人は 
この大会で語った。

かつては 西洋の児童性愛愛好者は タイへ行ったが、
暫く前からタイで規制が厳しくなり、カンボジアへ
移ってきている。

◯ソマリへのインタビュー:
9歳のときに年取った男に売られ、それから 性的奴隷と
して兵士に売られ、その後 プノンペンの娼館に
売られた。
友達(11歳)が 娼館のアルジに射殺されるのを 見て、
私は逃げた。13歳だった。その子は「客が多すぎて 
とても もう できない」と言うたら 射殺された。
彼女は私の隣に座っていて、彼女の脳や血が 私に
降りかかった。
逃げ出して 一晩中 歩いた。幸いスイス人の男性に
出会い、彼が助けてくれた。彼は私に何も求めなかった。
支援組織を作って、性奴隷状態の少女を救出し、面倒
みている。
今 組織は 約260人の女性の世話をしている。今まで
に世話した女性は7000人になる。エイズで死んだ人も
多い。娼館へ戻る女性も多い。大学へ入った人も
いるし、家庭をもった人もいる。
一番、若い来は3歳だった。その子も性的虐待を
受けていた。

運営費は寄付による。

ベトナムの肌の白い子は 高値で売られる。娼館は
ベトナムの子一人に1000ドル以上、支払う。
カンボジアの子は安く、親の受け取るのは 20~100ドル。
私は 子を売った親を訴えるので、しばしば親は逮捕
される。子どもが 私に「誰が 両親を監獄にいれた
のか?」と訊く。これは辛い。

私は シナや他の生き延びた子と一緒に 村へ行って、
親に 子を売らないで 金を得る方法について語る。
野菜を作ったり、鶏を飼ったりするのを 手伝う。
金の問題である。

◯シナへのインタビュー:
12歳のときに誘拐され、ベトナムからカンボジアへ
連れてこられた。娼館で強姦され、抵抗したら 激辛 
唐辛子をつめ込まれ、殴られた。地下室の犬の檻に
入れられた。1日に 少なくても20人の客を取らないと、
食べ物をもらえなかった。2年半 太陽を見たことが
なかった。

◯ソマリへのインタビュー:
警察が娼館に突入し、犬小屋に入れられているシナや
他の女性を見つけた。彼女たちは 下水の中で生きて
いた。排泄物が地下室の中を流れていた。蛇もいた。
シナは 全身、傷だらけで、髪の毛は引きぬかれて
いた。シナは 私たちのセンターへ運ばれた。

子ども達を閉じ込めていると 私を非難する人権主義者は
多いが 子どもを解放するには そうしなければならない。
そうでないと 子どもは娼館へ戻っていく。子どもは何も
知らないし、自己意識もない。私はシナのために闘って
きて、今では シナは私の右腕になった。
シナのような子で 生き延びた子は お互いに多くを
語る必要はなく、手を握り合えば 気持ちは 通じる。
私も電気ショックでやられた傷があるし、切られた傷も
ある。だから 美しくない。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/geld/reden-wir-ueber-geld-sexsklavinnen-seit-meiner-zeit-im-bordell-bin-ich-tot-1.1117514



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。