2011年06月29日

脱原発に大きく舵を切ったドイツ・永井潤子

月刊「未来」2011年7月号p.12~13
定価105円。
原文は 勝って 読んでください。

原発推進派だったメルケル首相は 福島原発の事故が
起きた翌日 3月12日には 国内のすべての原発の
安全点検を命じ、15日には 古い原発七基の運転を
一時停止するなどの 政策を実施した。

メルケル首相は福島原発の事故直後に 有識者17人に
よる政府諮問機関を立ち上げた。この倫理委員会は
十時間以上に及ぶ議論の様子をテレビで生中継した。

25年前のチェルノブイリ事故の被害を受けた経験が
トラウマになっている面もあるため、ドイツ市民は
福島の事故直後から 原発早期撤退を求める大規模な
デモを 繰り返してきた。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。