2011年02月27日

15年間の苦痛に20ユーロの慰謝料

元児童施設入所者の苦難in西ドイツ
2006年4月19日発(5年前の記事です):
虐待された児童養護施設の元入所者の苦難は長年、
黙殺されてきた。施設を運営していた教会と政治は 
今やっと彼らの苦痛を受け止めることになった。

Juergen Schubert(59歳)は Paderbornの慈悲の友
修道会(愛徳修道会)から手紙を受け取った。
彼は 1949年から1964年までの 15年間「追放された
非嫡出子」として 上記の会の施設で どんな
苦痛を受けたかを 修道院長に手紙で伝え、
見解を表明するように求めたのは 1ヶ月前だった。
彼は 修道会から 謝罪の言葉が 少しは書かれ
ているかと思ったが 修道会からの手紙に 悔悛の
気持ちは まったく書かれていなかった。しかし 
敬虔なシスターは 良心が痛むので 20ユーロを
同封すると書いていた。

この手紙を読み、15年間、投獄されたような
生活をした代償が20ユーロかと、怒りはさらに
大きくなった。殴打され、自尊心を踏みにじられ、
労動を強制されたのに これは どういうことか。

この修道会のシスターは救いようがないが、プロ
テスタントとカトリックの両教会は 1960年代の
西ドイツの施設(大半はキリスト教会の施設)に
おける 約50万人の元入所者の苦難を認めた。

ヘッセン州の地方自治体の連合である「州福祉連合」
(LWV)も過去の過ちを認めた。元入所者の苦難は
「マットレスのない板寝台、お仕置部屋、瞑想室、
強制労働、殴打、侮蔑の言動」と結びついていると 
LWVは述べた。
ヘッセン州は公式に謝罪した。それに加えて 1950年~
60年代の施設での養育に向きあうための大会が 
2006年7月9日に 社会教育学センターで開かれる
ことになった。
その大会に「元施設入所者の協会」の会員と 
社会教育学研修センターの代表者も招かれる。
そこで 研究センターや相談所の設立計画の他に
「施設での養育の歴史を扱う博物館」の設立計画
も論じられる。

ドイツプロテスタント教会 EKD の代表者 
Huber は 文書館を公開すること、元職員と
元入所者が 出会えるようにすることを要求している。

教会の方向転換は 驚くべきことだ。ほんの少し
前まで、教会は 犠牲者と批判派を 厄介払いしていた。

ドイツ連邦議会の議員 Marlene Rupprecht は 
当時の施設で起きたことは「教育のための国から
の支援でなく、人格を破壊することであった」と
述べた。「法治国家の名のもとに 不法が行われていた」。

元入所者 Juergen Schubert は 元の施設のシスター
に送った手紙を 連邦議会で読みたい。
シスターの送ってきた20ユーロの紙幣は送り返した。

「元児童養護施設入所者の協会」のサイトは:
http://www.vehev.org/

下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/0,1518,411313,00.html

★別のブログのカキコミを貼りつけました。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。