2007年06月15日

「テキサスドイツ語」絶滅寸前

テキサス大学助教授 Hans Boas は2001年にドイツ語教師として同大学に
赴任した。Fredericksburg という町に 立ち寄った。町の名前は どう考えても
ドイツ語であり、「10月祭り」も あるし、ドイツレストランもあった。
食堂に入って der Hamburger を 食べていると 変わった発音のドイツ語が
聞こえてきた。それが テキサスドイツ語だった。
1840年代に テキサスの中央部にある Hill郡に 入植したドイツ人の子孫の
話す言葉だった。サンアントニオの北、州都オースティンの西にある。
ドイツ人の他に オーストリア人 スイス人 チェコ人も入植した。
昔はなかった物や アメリカ独自の ものを 表すのには ドイツ語と 英語を
混ぜて新語が 作られている。
飛行機は das Luftschiff (飛ぶ船)
スカンクは die Stinkkatze (臭い猫)
cowboyは ドイツにないから そのまま der Cowboy になる。
この話し言葉を 話す人で もっとも若いのは 47歳だが、彼は 例外中の
例外で 大半は 65歳を超えている。
ということは この言葉の死滅は 時間の問題であり、Boas先生は この
言葉を記録し、それを話す人々の生活の 記録を残すのに 時間よ止まって
くれと 念じながら 奮闘している。
第一次大戦のあと ドイツ語を話すことは 好まれなくなり、急激に話す人は
減った。最盛期には 11万人が話していた。
以上 The Daily Yomiuri 6月15日 掲載の APの記事から。



この記事へのコメント
段々と減ってきているんですか?スポーツの世界、特によく見る野球のメジャーリーグで、ドイツ系の姓が気になります。Zimmerman、Zimmer、Schmidt,それからFeierabendなんていう名前もあります。
Posted by M.M. at 2007年06月15日 22:00
今テキサスドイツ語を話す人の 数は 記事に出てませんけど、話し手の大半は 65歳以上であると すると あと20年もしたら 絶えます。Boas先生の 御努力に 敬意を表します。
Posted by jtw at 2007年06月16日 01:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。