2010年11月09日

袋ネズミ・地雷を探すinアフリカ

危険な芸を仕込まれる袋鼠は 鋭い嗅覚により 
地雷を嗅ぎつける訓練を受けている。タンザニアの
Morogoroにある ゲルギー系NGO APOPOによる
プログラム。
下記サイトに写真10枚:
http://www.welt.de/wissenschaft/article10805046/Afrikanische-Beutelratten-suchen-Landminen.html

写真4と5. 褒美は クラッカーかバナナ.
写真6. 鼠は犬と違い、訓練士を選り好みしない。
7. 犬よりも運びやすい。
8. 鼠には 名前がついている。
9. 実験室で鼠は 臭いを識別する学習をする。
嗅覚は鋭いし、一度 習ったことを忘れない。
10. そのうえ 鼠は能率がいい。200平方メータの
地面を 地雷探査するのに 人間は2人で 1日
かかる。一方、鼠だと 1時間半で済む。
この写真の人は APOPOの設立者 Bart Weetjensさん。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。