2010年10月26日

ルルドで私に起きた奇跡(昨日の続き)

多くの人にとって ルルドの泉に行くことが 
ルルドへの巡礼のもっとも感動的な瞬間だ。しかし 
私は そうでなかった。私の信仰は もっと抽象的で
あり、物や水につながるものでは ない。
私はプロテスタントなので 他のマルタ騎士修道会士
がミサに参加している時に 私は一人でいた。

1週間 ルルドにいて、列車でドイツに帰って 
みんな疲れはてていた。私は3日間、寝ていた。
しかし ルルドの旅行に介護者として行くたびに 
得ることがあった。最初の年には 神の誠実さを
感じた。2年目には 人を傷つけたという罪悪感に
苦しんだ。
聖書には 罪への答えと 赦しを求める願いに
ついて 多くのことが 示されている。
来年は どんな旅になるだろう。

マルタ騎士修道会士は 3月から11月まで 障碍を
もつ人、健康な人、、病気の人のための ルルド
旅行を提供している。
詳しくは:
www.malteser.de

下記サイトから:
http://www.zeit.de/2010/43/Lourdes?page=3



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。