2007年05月13日

難民を乗せて地獄の船出・ソマリアからイエメンへ

フランスのジャーナリスト Daniel Grandclement は 命がけの
取材をした。
ソマリアから アデン湾を 渡り イエメンのアデンへ300キロの航海。
難民を載せる 小船に 彼も 乗った。出帆の地はBossasso. 
10メータほどの長さの 船に 100人以上が 乗る。
身動きできない。数センチも 動けない。船酔いして 吐くときの 袋も
ない。
貧困と 内乱による暴力・汚職を逃れ 脱出する難民は 50ユーロ
(1ユーロは160円) で 船に乗る。
毎年 千人以上が この船旅で 死ぬ。
戦乱は 止まず 難民は 増える。首都 モガディシューでの 
最近の戦闘のあと また 40万人が 難民になった。
ソマリア人は イエメンに着けば 政治的亡命を 認められる。
難民は グループで サウジアラビアに 向かい 最後に 欧州へ
行く。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/aktuell/meldungen/0,1185,OID6735752_TYP6_THE_NAV_REF1_BAB,00.html

★この記者は 通常料金の 何十倍を払って 乗船したようです。
船で写した写真も でてますが、よく写せたものです。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。